Welcome!

年齢別に見るエイジングケアについて

12月 6th, 2018

エイジングケアは年齢によって合わせることが大切です。では年齢別によってその方法を見てみます。
まず10代では水分です。10代はまだ肌がプルプルしているイメージがありますが、最近では空調管理の整った施設の増加によって思っている以上に肌が乾燥しています。それは10代の若い年齢でも同じことが言えます。そのためヒアルロン酸やコラーゲンのような水分を保持するような成分が大切です。

 
次に20~30代ですがコラーゲンが追加されます。特に25歳くらいを過ぎると肌質に変化を感じることがあります。これは肌に含まれるコラーゲンの量が減少することが原因なのですが、25~30歳くらいがその境目ともされています。そのため化粧品だけでなく食事やサプリメントからもコラーゲン摂取を意識すると良いでしょう。

 
最後に40代以降では女性ホルモンがキーワードになります。女性は一般的に50歳前後に閉経を迎えるとされていますが、実際には40歳を過ぎるとホルモンバランスが大きく乱れ始めます。ホルモンバランスが乱れると体調や気持ちの変化だけでなく、肌質も変化を迎えてしまうため、女性ホルモンを多くする、ということは大きなポイントになります。しかし女性ホルモンは身体の中で分泌するものであって、摂取することは出来ません。そこで女性ホルモンに似た構造を持つ大豆イソフラボンやポリフェノールを摂取すると良いとされています。他にもローヤルゼリーも女性ホルモンと同じような働きをするとされていますので、40代以降には良い効果を期待することが出来るでしょう。

 
他にも年齢別に関係なく、エイジングケアとして良い効果を期待できるポイントとして抗酸化作用があります。私たちは紫外線を浴びたりストレスを感じるだけでも体が参加し、老化に拍車をかけます。そこで抗酸化作用のある食材を摂取することで老化を防ぎ、エイジングケアをすることが可能になるのです。紫外線やストレスなどは年齢によって関係なく係わる問題なので、年齢という枠にとらわれず、抗酸化作用をポイントにすることはエイジングケアにとって大切なことなのかもしれません。