Welcome!

丸顔の人向け、小顔に見える髪型

6月 6th, 2019

『顔を小さく見せたい』『小顔になりたい』という女性は多いと思います。芸能人やモデルなどが小顔であるためそういう考えになるということも考えられますが、日本人は平均的に身長が小さめであるため小顔の方が全体のバランスがよくいるという理由も見逃せません。そんな小顔になるためにはマッサージやむくみ対策などが有効ですが、髪型で小顔になった印象を作ることも可能です。今回はそんな『小顔に見える髪型』を、特に丸顔の方に特化して解説したいと思います。

 
丸顔の方は顔が幼く見えてしまう傾向がありますが、顔の縦幅が小さい事が多いので小顔に見せるテクニックを駆使すると簡単に『小顔効果』を手に入れる事が出来ます。代表的なのは前髪と横髪の活用です。前髪と横髪で顔の皮膚が見える面積を小さくすることにより、顔そのものが小さいような視覚効果が得られるのです。これはフェイスラインをそれとなく隠すこともできるので、丸顔であることをカバーするのにも一役買ってくれます。ただ、この髪型に似合うのは可愛らしい印象のファッションなので、大人っぽい雰囲気や服装が好きな方には適さない場合があります。

 
丸顔で、なおかつ大人っぽいファッションが好き…という方におすすめしたいのは、長い前髪を作ることです。海外セレブのようなかきあげ前髪は面長な人には少々難しいですが、丸顔であれば比較的簡単に取り入れる事が出来ます。というのもかきあげ前髪や流れのある長い前髪は縦長に見せる効果があるので、丸顔と正反対の印象ということになりバランスが取りやすくなるのです。片側の髪は耳にかけるようにすると、更にバランスが取れセクシーさも演出する事が出来ます。流した前髪は軽くカールさせるか、無造作なウェーブをかけたりすると小顔効果が強まります。

 
このように、同じタイプの顔の形でもなりたい印象によって適した髪型は変わってきます。自分のキャラクターや好きなファッションなどを考慮し、最低な髪型を選ぶようにしましょう。

頬のたるみに有効な矯正方法

3月 6th, 2019

頬のたるみの原因は大きく分けて、肌のハリ・弾力の低下と表情筋(顔の筋肉)の衰えの2つです。肌のハリに関して、皮膚の構造から見ていきましょう。皮膚は表皮と真皮、皮下組織の3つの層でできています。この中でも、真皮層を支える役割を果たすコラーゲン繊維とエラスチンが緩んだり、切れてしまったことがたるみの原因です。表情筋の衰えに関しては、文字通り表情を動かさなかったり、加齢などによる肌のハリの減退によって生じます。特に皮膚につく筋肉は顕著であり、体中の筋肉と同様で使わなければたるみに繋がるでしょう。

 
頬のたるみを矯正するには、これら2つの原因を排除する取り組みが必要です。まず、肌のハリを取り戻す目的としてコラーゲン繊維やエラスチンを摂取するために、良質のタンパク質を摂取することが大切です。納豆や鶏肉、卵などが良いでしょう。肌のハリに加えて、シミ予防や美白効果のあるビタミンCを摂取することも大事です。気をつけたいのは、一度にたくさん摂れば良いという訳ではなく、普段から継続的に摂取する必要があります。代表的な食品は、ミカンやイチゴなどの果物、ブロッコリーやピーマンなどの野菜です。他にも芋類や緑茶にも含まれており、風邪やインフルエンザ予防など健康な肉体作りには不可欠なので、積極的に摂取しましょう。

 
表情筋の衰えを防ぐには、普段から顔の表情を豊かにしたり人との会話を大切にするといった他に、フェイスエクササイズも有効です。「あ」と「い」と「う」の形でそれぞれ5秒ずつ固定するエクササイズを、1日5〜10回行うことで頬のたるみはもちろん、ほうれい線や顎のたるみにも効果があります。また、顔の筋肉は頭頂部を経由して後頭部の筋肉で引っぱり上げるという構造であるため、頭皮および後頭部の筋トレも効果的です。エクササイズ方法は、眉と額を5秒間全力で上げてゆっくり戻すという体操を、3回繰り返します。慣れないうちはすぐに疲れてしまいますが、徐々に頭皮や後頭部を手を使わずに動かすことができます。これにより、重力に負けない表情筋や後頭部から顔面の皮膚を引っぱり上げる力を強化しましょう。

年齢別に見るエイジングケアについて

12月 6th, 2018

エイジングケアは年齢によって合わせることが大切です。では年齢別によってその方法を見てみます。
まず10代では水分です。10代はまだ肌がプルプルしているイメージがありますが、最近では空調管理の整った施設の増加によって思っている以上に肌が乾燥しています。それは10代の若い年齢でも同じことが言えます。そのためヒアルロン酸やコラーゲンのような水分を保持するような成分が大切です。

 
次に20~30代ですがコラーゲンが追加されます。特に25歳くらいを過ぎると肌質に変化を感じることがあります。これは肌に含まれるコラーゲンの量が減少することが原因なのですが、25~30歳くらいがその境目ともされています。そのため化粧品だけでなく食事やサプリメントからもコラーゲン摂取を意識すると良いでしょう。

 
最後に40代以降では女性ホルモンがキーワードになります。女性は一般的に50歳前後に閉経を迎えるとされていますが、実際には40歳を過ぎるとホルモンバランスが大きく乱れ始めます。ホルモンバランスが乱れると体調や気持ちの変化だけでなく、肌質も変化を迎えてしまうため、女性ホルモンを多くする、ということは大きなポイントになります。しかし女性ホルモンは身体の中で分泌するものであって、摂取することは出来ません。そこで女性ホルモンに似た構造を持つ大豆イソフラボンやポリフェノールを摂取すると良いとされています。他にもローヤルゼリーも女性ホルモンと同じような働きをするとされていますので、40代以降には良い効果を期待することが出来るでしょう。

 
他にも年齢別に関係なく、エイジングケアとして良い効果を期待できるポイントとして抗酸化作用があります。私たちは紫外線を浴びたりストレスを感じるだけでも体が参加し、老化に拍車をかけます。そこで抗酸化作用のある食材を摂取することで老化を防ぎ、エイジングケアをすることが可能になるのです。紫外線やストレスなどは年齢によって関係なく係わる問題なので、年齢という枠にとらわれず、抗酸化作用をポイントにすることはエイジングケアにとって大切なことなのかもしれません。

醜いセルライトを除去して美脚を手に入れる方法

9月 6th, 2018

多くの女性が一番細くしたいと思っている部分の一つは恐らく太ももであろうと言われています。しかし、太ももはセルライトがつきやすく、なおかつ最も減らしにくい部分でもあると言うことができます。
では、そんな太もものセルライトを除去するどんな方法があるのでしょうか。一つの方法は、有酸素運動と筋トレを上手に組み合わせて行なうことによって脂肪細胞を小さくすることです。もちろん時間はかかりますが、諦めずに続けるなら確実に効果が出る方法と言えます。

セルライトを除去するのに効果的な別の方法は、ストレッチを行なって血行を促進することです。一般的に言って、下半身冷えやすく血行が悪くなりがちな部分であるため、どうしても代謝が悪くなりセルライトができてしまうものです。それで、毎日10分程度のストレッチを行なって血行を促進するようにしましょう。血行が良くなれば代謝も上がり、脂肪が柔らかくなって燃焼しやすくなるため、セルライトの除去には効果的であると言えます。

さらに、セルライトを除去するためには、マッサージとリンパマッサージを上手に組み合わせて行なうこともできます。例えば、お風呂上がりなど体が温めっている状態で行なうマッサージによって、脂肪を柔らかく揉みほぐすことができるでしょう。もう一つのリンパマッサージでは、リンパの流れを良くし、余分な老廃物を排出するのを助けることができます。このように二種類のマッサージを上手に組み合わせることによって、セルライト除去の効果を期待できると言えるのです。

こうした方法を試してみてもなかなか効果が得られないといった場合には、専門家の力を借りるのも良い方法です。例えば、エステやマッサージサロンなどでプロによる施術を受けることができますし、美容クリニックで脂肪溶解などの施術を受けるのも良いでしょう。色々な施術方法があり、料金もまちまちであるため、できれば無料カウンセリングを使用して相談することができるでしょう。

痩身エステは効果がありますか?

8月 9th, 2018

ダイエットは女性の永遠のテーマとも言われていますが、なかなかうまくいかず何度もリバウンドに苦しめられている方も少なくありません。自力でのダイエットに限界を感じているならば、痩身エステなどプロの手にゆだねることも一案で、短期間で確実な効果を上げることも可能です。

 

効率的に痩せるには食生活や運動習慣も大切なポイントとなりますが、何を食べればよいのか、どれくらいの量が適量なのか分からない、運動をする時間がないといった問題も生じがちです。痩身エステサロンでは施術だけではなく、上手に痩せるためのコツも指導してくれるので、一人では挫折してしまいがちな方でもサポートがあれば失敗しません。

 

施術もハンドやマシンを使って筋肉層までアプローチしてくれるので、運動が嫌いな方や時間がない忙しい方でも、同じようなエネルギー消費が望めます。通い始めのころはどうしても痛みを伴いがちですが、慣れてくれば徐々に筋肉層もほぐれやすくなり、ストレスを感じることなく施術を受けられるようになります。痩身エステを受けていると代謝もアップし、老廃物の流れもスムーズになっていくので、女性に多いむくみも改善させることが出来るでしょう。

 

痩せやすい身体作りが出来るので、コース終了後に今までと同じようなリバウンドに悩むこともありません。食生活についての指導もきめ細かに受けられるので、脂肪にならずに筋肉量を増やせる食べ物が分かり、意識改革が出来ることで太りやすい体質から抜け出せます。

 

例えば結婚式に向けて痩せたいなど明確な目標があるなら、最初のカウンセリングでその旨を伝えておけば、式当日をゴールに見据え計画的なスケジュールを立ててくれます。何度も失敗を繰り返しどんどん痩せにくい身体になる前に、プロの手による痩身エステを受け健康的に美しく減量をすることをお勧めします。きちんと食べて痩せることが成功の秘訣であり、健康を害してしまうリスクを回避できるポイントです。